白根大凧合戦

こんばんわ

Gt&Voです



毎年6月のこの時期は白根大凧合戦が開催される。


凧といえば一般的に

上空に長時間凧を飛ばすことで楽しむ訳だが、

白根の凧は川の向こう側の

家の屋根を破壊するために飛ばすのだ。




いや、リアルマジでだ。



300年前何かの祝いの席で誰かが凧を飛ばしたところ

対岸の家の屋根を壊してしまい、

怒った住民が同じく凧を相手の家にぶつけて壊したことが由来らしい。



一言詫びを入れれば済むような気がしなくもないが。

目には目をの精神である。



当然凧は相手の家を破壊するために使うので、

1回の使い切りであり、それなりのサイズと重量が必要である。

大型の凧は畳24畳分あり、当たりどころが悪ければ

骨折くらいしそうな勢いだ。

24畳つったら我が家のリビングよりも広いな。



まぁ現代では家を壊すためではなく川の対岸同志で

凧をひっかけて綱引きを行う事で合戦としているのだが。



f:id:realmadillo:20170604224036j:plain



祭りであるため屋台もたくさん出ており、

毎年恒例の昼酒大会である。

この後チューハイ2杯とワンカップ〇関3杯


・・・をおごっていただいた。

じいちゃんばあちゃんに感謝。

昼間に飲む酒はなぜこれほどうまいのか。


f:id:realmadillo:20170604224303j:plain


ハッピーターンの着ぐるみも歩いていた。

名前はわからん。

あと白鳥の着ぐるみ。



f:id:realmadillo:20170604224133j:plain


大凧。

今年は風の向きが悪く上げ手の皆様も苦労している様子。

ちなみに24畳もあるので大人20人くらいで引っ張る。


f:id:realmadillo:20170604224335j:plain


小型の凧は巻凧と呼ばれる。

小型と言えども忍者のように人が張り付いて飛べそうなくらいのサイズはある。



そういえば忍者って凧に乗って移動するイメージがあるが

着地とかどうしてたんだろうか。

ハットリくんにでも聞いてみたいところである。




今年は風と天候に恵まれなかったが、

例年この時期はなぜか結構晴れるので

皆様も是非一度訪れてみてはいかがだろうか。


以上、バンドと一切関係ない話でした。


ではでは。